毎年9月1日は『防災の日』です。
 『防災の日』は、1923年(大正12年)9月1日(土)に発生した関東大震災にちなんだもので、関東大震災の教訓を忘れないという意味と、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備することとし制定された日です。
 
 市民の皆様、『防災の日』に合わせて防災グッズや非常食の確認・準備を行い、家族で防災やいざという時の避難行動(家族で決めた集合場所の確認等)、防災グッズ等について話し合いをするなどして、災害についての認識を高めましょう。

 また、本市の「防災マップ」で避難所や避難経路を確認しておきましょう。
(防災マップは、本年5月に市全体を掲載したものを配布しました。お持ちでない方は市役所本庁または各支所でお渡ししています。)