今年の夏は全国的に気温が高くなっておりますが、本市でも日中の気温が35度以上の猛暑日となる日が続いており、この先も猛暑日が続くことが予想されていることから、熱中症を発症する危険性が非常に高くなっています。
 市内においては、連日のように熱中症患者が救急搬送されています。
 全国でも熱中症による被害が多く報告され、死亡者も出るなど大きな社会問題にもなっています。
 熱中症の予防には、「水分補給」が大切です!喉の渇きを感じる前に、こまめな水分補給を行いましょう!
 特に、高齢の方々は、暑さを感じにくく、室内でも熱中症になることがあるため、十分な注意が必要です。

 予防法などは、以下を参照ください。

・熱中症を予防して元気な夏を!(PDF:1.34MB)